「Open Broadcaster Software」を使ってみた

ダークソウル3をエンディングまで一部始終、ほぼ初見で動画を流したいって思いYouTubeライブを行うことに(実況はしてない

配信ソフトについてあまり知識がなかったんですが「QSV」が使えてフリーである「Open Broadcaster Software」(以下OBS)がよさそうかなと。

バージョンは「v0.657b」の32bit版です。

とりあえずきれいに見せたいってのがあったので、設定方法を調べながらやってましたが

PCが非力の為(ダークソウル3がギリ稼働するぐらい)だったんで、プレイが厳しい・・・

最初エンコーダーは「x264」で配信のカクつきもあったので「QSV」の「Quick Sync」に変更したものの

エラー「QSVHelper.exe was killed, encode failed」で止まってしまう・・・

このエラー、「aviutl」でも見たことあるような・・・

いろいろ調べてみましたが解決方法は見つからず、「Windows8」なら安定して動くらしい・・・。

結局「Nvidia NVENC」を使用し落ち着きました。

ブロックノイズが気になるところですがCPUに負荷をかけずプレイにも差支えないって感じで。

ダークソウル3プレイリスト

OBS」の設定を変えながらライブをしていたので、途中かなり各月の動画になってしまっています。

エンディングをむかえた後は、ライブをしていません。

 

OBS設定は以下のようになってます。

OBS「NVENC」設定「エンコード」

OBS-NVENC-設定-エンコード

OBS「NVENC」設定「ビデオ」

OBS-NVENC-設定-ビデオ

OBS「NVENC」設定「詳細設定」

OBS-NVENC-設定-詳細設定

これ以外の設定項目は初期設定のままです。

また、「x264」の場合は最終的に以下にしていました。

OBS「x264」設定「エンコード」

OBS-x264-設定-エンコード

OBS「x264」設定「ビデオ」

OBS-x264-設定-ビデオ

OBS「x264」設定「詳細設定」

OBS-x264-設定-詳細設定

「詳細設定」の「x264の詳細設定」は

tune=animation 8x8dct=1 aq-mode=2 bframes=1 chroma-qp-offset=1 colormatrix=smpte170m deblock=0:0 direct=auto ipratio=1.41 level=3.1 me=hex merange=16 min-keyint=auto mixed-refs=1 no-mbtree=0 partitions=i4x4,p8x8,b8x8 profile=main psy-rd=0.5:0.0 qcomp=0.6 qpmax=51 qpmin=10 qpstep=4 ratetol=10 rc-lookahead=30 ref=1 scenecut=40 subme=6 threads=0 trellis=2 weightb=1 weightp=

です。

NVENC」、「x264」の両方の「Aeroを無効にする」にチェックが入っていませんが

どのサイトを調べてもチェックを推奨してるので入れた方がいいかもしれません。

わたしはFF14をやってきた時、最初は「Aeroを無効」にする環境でってのが定番でしたが

しだいに「Aeroを有効」にした方がいいということになったので、その名残ですw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です